妙に納得したこと

2人目の離乳食。1人目がそこそこ食べていたことに比べると、食べません。具体的には、現在2回食でフィーディングスプーンで10回食べたらいい方です。ただし、ベビーフードとなると袋の2/3くらいは食べてくれています。悩みつつも、兄妹でもそんなもんなんかなあと思っております。

さて先日、Yahoo!ニュースで離乳食の記事があったので読んでいると、コメントの中に「歯が生え始めると食べるようになりました」という先輩ママさんの意見がありました。我が家にも当てはまるかもしれません。なぜなら、上の子は生後半年くらいで歯が生えてびっくりしていたのですが、もうすぐ8ヶ月になる下の子にはまだ生えていません。彼女の歯がいつ生えるのかは分かりませんが、そんな子も世の中にいるのかもしれないと、心が少し楽になったのでシェアすることにしました。

子育てはいつ何が起こるかわからないし、悩んでいることがいつ解決するかも分かりません。私の書いたことが解決策にはならないかもしれないけど、選択肢になるなら幸いです。

娘のためのはじめての裁縫

育休中で比較的時間があることと、宝の持ち腐れになっているミシンに慣れるため、雑巾を作ることから始め、ループタオル作りをし、保育園で使うための巾着袋を作っています。

慣れないのでとにかく時間はかかるし荒だらけなのですが、子供が寝静まってから少しずつ進めているので、子供に構うことなく没頭できることがとても楽しいです。なお、裁縫はとても苦手で中学校の家庭科以来ミシンを使っていないです。

今日は先日裁断(とてもガタガタ)した布にジグザグミシンをかけて袋状に縫い合わせました。楽しいけど汚い。まあ、縫い目はほとんど隠れるからいいかな。

作品の一部です。

↓角がぐちゃぐちゃになってますね。

f:id:asamivagyok:20190226005932j:image

↓縫い目がぐにゃぐにゃですね。

f:id:asamivagyok:20190226005938j:image

 

冒頭にも書いたように今回は時間があるからできています。仕事を始めたらこうはいかないだろうな。でも楽しいのは楽しい。

こんな裁縫をすることになって、母の偉大さを感じます。母は短大で家政学科だったのもあり、裁縫が好きでした。小さい頃は鞄だけでなくワンピースやセーターも作ってくれていました。そのときは着るのは気恥ずかしく着ることが苦手でしたが、今ならありがたく着るわ。こんな手間もかかるし生地代もバカにならないし。

自己紹介の更新

1983年3月生まれ
京都市伏見区出身
愛媛県松山市在住
 
家族は1歳上の夫と息子(2015年2月生まれ)と娘(2018年7月生まれ)
結婚を機に松山に引っ越し、妊娠出産を経て、2015年12月から金融系の会社に事務職として再就職。2018年5月から産休・育休中、2019年5月から復帰予定です。

 

しばらく更新しないうちに家族が増えました。ぼちぼちしか更新できないと思いますが、日常話ができる友達がいない私はここで結論の出ないことを、ただ聞いて欲しいことを吐き出せる場所なのは間違いありません。
 

親の背中を見て育つ

コンビニで親子連れ。子供が親が買ったと思われるタバコを持っていた。それを見て小学生が吸っちゃうんではないか、と思ってしまった。

きっとこの子にとってはタバコを吸う大人が近くにいるのは当然で、周りが煙たいのも当然で、手の届くところにタバコがあることが当然なんだろうな。

そう考えると、子供は親の背中を見て育つんだと実感した。親がしていることはしてもいいことやと子供は思うもんね。いいことならいいけど、やって欲しくないことはよくないな。

私は嫌煙家というわけではないけど、子供にはタバコに近づいて欲しくはないな。

残業したくないなあ

子供が春から年少さんになるのもあり、保育園での昼寝がなくなっています。

なので、かなり疲れている様子。

早く迎えに行って早く寝かせてあげたいけど、残業しないと仕事が回らない(/ _ ; )

世の中残業せずに帰る人はいるけど、どうやってやりくりしているんだろう。

 

ふと思うこと

うちの子供がいちばんかわいい。

顔は大したことないけど、愛嬌に溢れている。

ジャンプをぴょんぴょんしてかわいい。

電車が好きすぎてかわいい。

おかあしゃんと呼んでくれる。かわいい。

 

みんなそう思っているのかもしれないが、我が子がいちばんかわいい。

べきに縛られている2

上長の会話を聞いて、彼らもべきに縛られているなと感じた。というか、彼らの場合はそれが会社員と割り切っているのかな。

べきに縛られている人が作る仕事だから、べきばかり。

 

でもそれがあるから今の経済が存在する。

 

先日、自転車を忘れて帰宅したので20時になって会社まで取りに行った。我が社はまだ明るかったし、県庁もほかの大手企業も明るかった。

はやく帰れない人がこんなにいる。やらないといけないことに追われている人がこんなにいる。

でも、頑張って仕事してくれているから、いろんなことが回っているんよね。